ハッカー達の戦いが始まる?「王様たちのヴァイキング」3巻を紹介【ネタバレあり】

投稿者: | 2021年3月28日
王様達のヴァイキング

サイバーセキュリティーのコンサル業を開始した是枝。そして、警察という最高のクライアントもつくことになりました。

事件を解決する上で、武器商人と呼ばれる凄腕のハッカーを発見したのですが…彼は是枝に興味津々で会いに来てしまいました。

彼の目的はなんなのか?

なお、2巻はこちらで紹介しています。

「王様達のヴァイキング」の3巻のあらすじ

朝海健太郎という偽名で是枝の元を訪れた武器商人。前回、仕事で行った鉄工所の息子設定で、感謝を装って是枝に会いに来ました。

坂井の前では正体を隠し、仕事に集中している是枝の前では正体を隠すつもりもないようです。そもそも、仕事で集中している是枝は気づきません。

会いに来たついでにルーターの設定も書き換えて、是枝の監視ができるようにして、前回の事件の証拠も消してしまいました。これで警察に捕まるのは、彼に協力した者だけになります。

投資家なりの戦い方をする坂井

前回の事件の犯人グループが逮捕されましたが、押収したPCに必要なデータは消されていました。ここで是枝の出番です。

神崎刑事は是枝を頼りますが、チャットの会話を少し復元できただけ。是枝でもこれが限界だそうですが、チャット内容のワードに引っかかった坂井。特定人物の名前が上がります。

しかし、「心当たりがある」という程度で証拠はありません。そこで、本人のパソコンに侵入を試みようとする是枝ですが、犯罪者にはしなくない坂井。

そこで、彼は投資家だからできる対策をしますが…

ラフィングキャットとヴァルキュリア

とある事情から朝海健太郎を疑い始める坂井。どうやら彼は、1巻のゲーム会社の事件に関わっていたハッカーとも知り合いのようです。

是枝によって自分のパソコンをウィルスによって壊されたので、根に持っているヴァルキュリア。

そして、朝海健太郎という偽名を使っていた武器商人の名前はラフィングキャット。鉄工所にウィルスを仕掛けた理由も書かれています。

彼の正体はバレ、ルーターの書き換えもバレてしまいましたが、笑われていたことで「見返してやりたい」と笑顔で燃える是枝でした。

坂井の過去の話

坂井はバツイチだそうで、元奥さんとの再会から、過去の話へ。

若い頃のIT事業の立ち上げから失敗〜そこで出会った大物の投資家、そして悲しい過去が描かれています。

ハッカー達の戦いが始まる

3巻ではハッカーと戦う場面は少なく、今後のライバルになるラフィングキャットとヴァルキュリアの紹介から、坂井の過去の紹介といった感じでした。

漫画を見ている限りでは難しく見えませんが、データを復元したり、ルーターを書き換えたりと、すんごい難しいことをしてるんでしょうね。

プログラマーに聞いたことはありますけど、ネットセキュリティーは攻めるよりも、守る方が難しいんだそうで。法律の問題もありそうですね。

昔から「日本は遅れている」と言われていますが、なんとかして欲しいもんですね。

王様達のヴァイキングを試し読みする?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です