是枝のライバル登場か!?「王様たちのヴァイキング」2巻を紹介【ネタバレあり】

投稿者: | 2021年3月19日
王様たちのヴァイキング

坂井から「クラッキングする会社をやれ」と言われてから初仕事を無事に完遂した是枝一希。2巻ではライバル?敵?の凄腕ハッカーが登場したりもします。

それでは1巻に続いて、「王様達のヴァイキング」の2巻も紹介していきます。

「王様達のヴァイキング」の2巻のあらすじ

是枝初仕事のお祝いパーティーを坂井が開催。少しずつ、ヘッジホッグの連中や、周りの人たちと打ち解けてもらおうと、彼なりの気遣いでもあるのでしょう。

パーティー

しかし、元来のコミュ障だからかうまくいかない是枝。周りの方は距離を詰めてくるのですが…

チームを作ろうと坂井は考えていたようですが、このままではうまくいきそうにありません。

唯一の友人でもある加藤(ゴリラくん)のことも、「友達ではない」という是枝に対して、坂井は呆れてしまいますが…

ゴリラくんからの協力要請

学生時代の高木先輩の葬式に参列した加藤ことゴリラくん。そこで、先輩の同僚からあることをお願いされました。

IT系の会社だそうで、先輩が利用していたパソコンに仕事で必要なデータが入っているのですが、セキュリティはがっちり。そして納期は迫っている。

そんな状態でのパスワード解析をお願いされます。

パスワード

自分だけでは難しそうで、ゴリラくんは是枝に協力を求めます。

スパコンを利用して問題解決

坂井のスマホのパワスワードぐらいなら1秒で解ける是枝ですが、お願いされたパスワード解析には苦労しました。何よりも納期があって、時間もないというのがネック。スパコンがあれば解決しそうなのですが。

そこで頼りになるのが坂井。エンジェル投資家としてIT系の知り合いも多く、大物との付き合いもあります。交渉してくれて、スパコンの使用許可がおります。

無事にパスワードは判明して、ゴリラくんは号泣するのですが、その理由は…

サイバーセキュリティーのコンサル業開始

ゴリラくんとの一件で、「自分でしたいと思った仕事」が是枝に見つかりました。それは、サイバーセキュリティーのコンサル業です。

コンサル

是枝はクラッカーだからこそ、クラッカーの気持ちがわかります。その上で、サイバーセキュリティーのコンサル業。これは最強ですね。

ITベンチャー企業に被害が発生

坂井に紹介してもらった朝海鉄工に一人で行かされる是枝。ここのシステムの対応をしていると、工場の機械にトラブルが。それと同時に、ヘッジホッグでも問題が。

原因はウィルスなのですが、解読していると吐いてしまう是枝。無事に短時間で解決しましたが…

ウィルスを売る武器商人

朝海鉄工だけではなく、SNSがらみのベンチャー企業は軒並み被害を受けていた模様。

犯人はネット上でウィルスを売る「武器商人」と名乗っており、面白半分で買ってクラッキングしていた連中が犯人だったようです。

そのプログラム名はシュレディンガー。コードが気持ち悪くて、是枝は吐いてしまうそうです。

プログラミング

警察という最高のクライアントをゲット

鉄工所のシステムが止まったタイミングと、SNSでの被害のタイミングが合致してしまい疑われた是枝。警察に事情聴取されます。

自分が犯人じゃない証拠は、「ウィルスを見せると一発でわかるはずだ」と怒る是枝。「そんわけがあるか」とバカにされてもめますが、興味を持った神崎刑事。

彼の能力は、サイバー犯罪に使えると考えたのです。

これによって、是枝は警察という「最高のクライアント」をゲットします。

武器商人を追跡する是枝と神崎刑事

クラッキングの犯人たちから脅迫を受けていた企業の情報を是枝に提供する神崎刑事。そこには、武器商人も関係しています。

クラッキングをすると情報は得られそうなのですが、警察の前ではできません。でも「警察ってめんどくさ」なんていう神崎刑事。「俺はここで帰ります」と気が効く刑事さんです。

是枝がサーバーの侵入を試みようとしたところ、インターホンが。そこに立っていたのは武器商人本人だったのです。

武器商人との出会いからどう変わっていくか

自分の強みと、何をするべきかがわかった是枝。初の仕事は無事に解決しましたが、犯人は特定できていません。

そして武器商人。彼と同じレベルのハッカーのようですが、是枝に興味津々です。しかも、会いに来てしまいました。

かなり特殊な人物ですが、この後にどうなっていくのか楽しみです。

王様達のヴァイキングを試し読みする?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です