シャロン天文台ついに稼働!宇宙兄弟39巻【ネタバレあり】

投稿者: | 2021年2月23日
宇宙兄弟

ついに、シャロン天文台が稼働します!全世界に生中継で映像をお届け。そして日々人率いるロシアチーム・ムクシムは無事に月へとたどり着くのか?

宇宙兄弟において、大きな展開を迎える39巻でした。

人類の新しい一歩を踏み出すシャロン天文台

ついにシャロン天文台が稼働。全世界に映像中継をすることになりました。ムッタと日比人、そしてシャロンの夢が叶う日でもあります。

宇宙兄弟をずっと読んできたので、感動しました。

中継する天体は1200万光年先にあるケンタウルスA銀河です。

銀河
参考画像は全く関係ありません

初めて耳にした銀河の名前ですが、天文学者たちの間では有名なのでしょう。

もちろん、漫画で中継は見事に成功。感動する一同で幕を閉じました。

ここにて名言が登場。

俺らのやったことが 誰かの意味あることになる いつか俺たちに返ってくる

ああ、いい言葉ですね。宇宙兄弟は毎回、感動を与えてくれる漫画でもありますが、名言が度々登場しますね。なんだか、頑張れる言葉でもあります。

毎日、同じような仕事をしていて「無意味」だと思っていても、「誰かの意味あることになっている」と考えると頑張れますね。

日々人・2度目の月へと行く前に

ロシアから2度目の月面行きが決まった日々人と、彼の所属するチーム・マクシム4。

月へ旅立つ前の現地記者などの取材シーンや、彼らの交流にはほっこりします。

そして、日々人には心残りがありました。それは、NASAに何も言わずにロシアへと行ったこと。彼は「裏切り行為」だと感じていたようです。

スッキリしない気持ちもあったでしょうし、申し訳ない気持ちもあったのでしょう。彼はNASAへ謝罪しに行きますが、当たり前のように、「謝る必要なんてない」と言ってくれるNASAのメンバーや同僚たち。変わらない日々人にホッとしたり、感動して泣いてしまうメンバーも。

宇宙兄弟を読んでいて、気になっていたことでもあったので、僕もスッキリしました。

兄弟は無事に月面で再会するのか

ついに、2度目の月へと旅立つ日々人。39巻の大まかなあらすじは、この通りになります。

宇宙兄弟の影響なのか、宇宙関係の動画を見たり、宇宙関係の本を読んだりするようになりました。やっぱり、宇宙ってロマンで溢れているので楽しいですよね。

シャロン天文台によって、宇宙の謎がさらに解き明かされていくのでしょうし、新たな謎も生まれていく。宇宙という魅力にとりつかれてしまった人は、ずっと研究していくのでしょうか。

宇宙関係で面白い本があったので、興味があれば、こちらをお勧めします。

「宇宙はビッグバンで誕生した」という話を聞いたことはありませんか?「はあ?」と思ったり、「適当に言っているだけでは?」なんて方にお勧めです。いわゆる「ビッグバン理論」がどのようにして誕生したのか、紀元前のお話から綺麗にまとまっていますし、天文学者たちのロマンも感じます。

あと、おすすめの「宇宙系Youtuber」も紹介しておきます。

宇宙ヤバイchさんより

月に旅立つ日々人は、無事にムッタと会えるのでしょうか。そこで最終回とかないよね?ね?長く続いて欲しい漫画の一つです。

時期を狙えば、3巻までは無料で読めます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です