分断工作は成功するか「マイホームヒーロー」4巻を紹介【ネタバレあり】

投稿者: | 2021年4月2日
マイホームヒーロー

哲雄の容疑が晴れない恭一は鳥栖家を調べ、零花の靴にメモを忍ばせる工作もしています。

常にピンチの状態の哲雄は、ギリギリの綱渡りをしていますが、切り抜けることはできるのか?

なお、3巻はこちらで紹介しています。

零花のマンションを調査

気になることがあるようで、恭一は哲雄を連れて零花のマンションへ。哲雄は延人殺害の証拠を全て処分したはずですが、落ち着きません。

一方で、延人の事件を恭一になすりつけようと図る鳥栖夫妻。恭一の実家にまで行って情報収集をしたり、歌仙はアクティブです。

大人として間違っていることをしている自覚はありますが、これもまた零花のため。親の愛でしょうか。

恭一と零花の接触を阻止

零花への置きメモが効果したのか、恭一へメールを送る零花。「あなたのご両親は隠し事をしている」というメモが気になったのでしょう。

彼女は両親がしていることを何も知りません。そのため、かなり無防備です。

前巻で恭一のメールサーバーにアクセスできるようになった歌仙はこれを知り、まずいと思って零花へ連絡。

零花からなら両親のボロが出そうだと確信する恭一は、ファミレスで会う約束をしますが、最終的には歌仙によって阻止されました。

半グレメンバーの内部分裂を図る哲雄

零花とファミレスで出会うために外出している間に、恭一のマンションへ侵入する哲雄。鍵の開け方などの解説があるのですけれど、まずいところにはモザイクがかかっています(笑)

なかなか開かないのですが、時間はありません。諦めて零花のマンションに戻ります。

恭一は血痕のわかるALSライトを半グレメンバーにお願いしていましたが、すでに哲雄が工作済み。当然、血痕は見えません。

内部分裂を起こそうと図っている哲雄。工作によってメールが勝手に利用されていたり、履歴を消されている恭一は、何が起こっているのかわかりません。

「恭一を犯人にしたい人が内部にいるのでは?」

疑わしい点はいくつかあるようで、哲雄の言葉を信じてしまう恭一。

迫るタイムリミット

半グレメンバーにとって、延人のことなんてどうでもいいのです。麻取からの恐怖さえ無くなれば。仮に殺されていたとしても、犯人は誰だっていいのです。哲雄だろうと、恭一だろうと。

そう思わせることができれば。これが哲雄の作戦です。

最後の晩餐

延人を殺した証拠になりうるものを部屋に仕込まれている可能性を考え、2人で恭一のマンションへ。もちろん、部屋の中には何もありません。

迫ってくるタイムリミット。このまま進展がなければ、哲雄か恭一のどちらかが死ぬことになります。

1週間、休む間も無く証拠探しに明け暮れていた2人。過去の話をしたりなど、ちょっとだけ心を開いたのか最後の晩餐を済ませます。

恭一を疑い始める半グレメンバー

現状報告のためにグループが住処にしている車へ。

以前の延人の映像は偽物だと判明。困っている状態のところに、リーダ格っぽい竹田というメンバーにメールが。

延人は過去に現金強奪事件という組織を裏切るような行為をしており、その共犯は恭一だと。

このメールによって、延人失踪には恭一が関わっていると、半グレメンバーが疑い始めます。

そして、恭一を席から外し、哲雄と二人きりで話す竹田。ここで恭一の疑いを濃くするための証言をします。

分断工作はうまくいくのか

マイホームヒーロー4巻は、「延人殺しの疑いを恭一にかける」という話がメインでした。

ネットに明るい哲雄ならではの手段がたくさんありましたね。そして、零花を守るためならと積極的に動く歌仙。彼女はネットに明るくはありませんが、哲雄からレクチャーを受けていたのか、これも娘のためと頑張ったのでしょうか。

半グレメンバーは恭一を疑い始めましたが、どうなっていくのでしょうか。

マイホームヒーロー4巻を試し読みする?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です