絶対に許されない!「マイホームヒーロー」13巻を紹介【ネタバレあり】

投稿者: | 2021年5月3日
マイホームヒーロー

半グレと鳥栖本家の戦争が勃発寸前の状態に。

哲雄は妻の歌仙と娘の零花を取り戻して逃げたいところですが、監禁されている状態。しかも、窪は哲雄の命を狙っています。

大ピンチの状態ですが、彼は乗り切れるのでしょうか?

ネタバレを大きく含みながら紹介していくので、まだ読んでいない方は注意です!

マイホームヒーローは無料で読める漫画も多い「まんが王国」でも読めます!

なお、12巻はこちらで紹介しています。

返り討ちに遭ってしまった小沢

窪から頼まれていたライフルを渡す甲斐。窪からしてみると「おもちゃのようなもの」らしいのですが、これいよって罠にかけようとしていた小沢は撃たれてしまいました。

これには小沢も甲斐も想定外。助けようと処分するふりをする甲斐でしたが、窪にバレているのか、バレていないのか。

最悪の状況さえ利用する

甲斐と二人きりになれた小沢は、この状況を利用して哲雄を動かそうと画策します。

窪が来ていること、その目的を全て聞いた哲雄は焦ります。

  1. なんとかして逃げる
  2. 窪を殺害する
  3. 村人と半グレを争わせて潰し合いをさせる

選べるのはこの3つ。小沢としては、窪さえ殺害してくれればなんでもいいのでしょう。

ひとまずは、何とかして監禁状態からの脱出を試みます。

半グレメンバー鳥栖本家へ

鳥栖本家を訪れた窪たち。ズカズカと入って来た彼らに怒り心頭の鳥栖家ですが、犯罪の証拠は抑えられています。

怒っている場合ではなく、慌てふためくのが普通なのですが、平然としている鳥栖郷一郎。それどころか、彼らを改心させようと神に祈ります。

「茶番はよせ!」とキレる半グレメンバーですが、そこには改心したという石井信の姿が。近寄ってくる彼を殴ったのがきっかけになり、洋二たちのメンバーも集合。拳銃を持って戦争開始の形相です。

鳥栖次郎の話で手打ち

ここで郷一郎の弟・次郎が登場。かなりのおじいさんに見えます。鳥栖本家の武闘派のボスと言ったところでしょうか。ほとんどヤクザです。

「ここで引き金を引けば、村人は一人になってもお前たちを襲うぞ」と脅迫。すでに奪った6億はくれてやるから、これで手打ちにしろと。

包囲されてしまった半グレたち

納得したわけではないのですが、不利な状況を察してひとまず村から出る窪たち。

志野に状況を報告したのですが、どうやらすでに警察から包囲網が敷かれています。それほどに鳥栖本家は力を持っているということです。

どうやら簡単に帰ることは不可能だと察し、郷一郎をを拉致することに決めた窪。警察の包囲網から逃げるにはそれしかなさそうです。

監禁状態から脱した哲雄が見たもの

甲斐にお願いして、監視している者をなんとか巻いてもらった哲雄。トイレの窓から脱出に成功しました。

ちなみに、ここで「ドライバー無しでネジを回す方法」の豆知識があります。

半グレと村人を潰す決意

なんとか歌仙がいる場所を見つけますが、そこには母親の姿が。彼女が去るまで待つのですが、なんとそこに登場したのは窪必死に逃げて神社の中へ。

それが幻覚だったのですが、歌仙に対してされていたことは、人として許せないレベルのことでした。

ここで哲雄は決意します。村人なんてどうでもいい。半グレと村を潰そうと。

「人あらず」には「人あらず」で対抗するのか

半グレが人間的にどうしようもないのは当然だとして、鳥栖本家も異常ですね。頭のおかしな人物ばかりの漫画ですw

逃げるのために「半グレと村人の潰し合いをさせる」というのは、哲雄は一度は考えたこと。おそらく、具体的な作戦もあるのでしょう。「人にあらず」と呼べるぐらいにえげつない作戦なのかもしれません。

だからこそ、一度はその考えを引っ込めた哲雄だったのですが、歌仙の姿を見て決意します。

次巻はきっと、たくさんの血が流れるのだろうなと。また、第1章の終わりにあった意味ありげなシーンはなんだったのか。どうなっていくのか楽しみです。

マイホームヒーロー13巻を試し読みする?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です