鳥栖本家との戦い再び「マイホームヒーロー」11巻を紹介【ネタバレあり】

投稿者: | 2021年4月25日
マイホームヒーロー

頼りになるはずの安元刑事が殺害され、やりたい放題の半グレたち。

そんな中、鳥栖本家へと向かう哲雄と零花。車の中での過去の話から、歌仙との馴れ初めや鳥栖本家のある村の異常性がわかってきました。

娘のためとはいえ、哲雄のことを信頼して犯罪の手伝いとしてきた歌仙でしたが、なぜなのか理由がわかってきました。

11巻では鳥栖本家の異常性がさらにわかります。

ネタバレを大きく含みながら紹介していくので、まだ読んでいない方は注意です!

マイホームヒーローは無料で読める漫画も多い「まんが王国」でも読めます!

なお、10巻はこちらで紹介しています。

カルト宗教によって村人を支配する鳥栖本家

一度はふった哲雄でしたが、結婚することを決めた二人。

しかし、歌仙の実家・鳥栖家は異常です。

  • 地図に載っていない村
  • 村人をカルト宗教で支配
  • 歌仙はイタコのような「オガミメ」の後継者

歌仙はそもそも「4年間だけ」という決まりで大学に通わせてもらっていたので、結婚して村の外で過ごすことは許されません。

そのためには、いくつかの条件をクリアする必要があったのです。

監禁されてしまった哲雄

結婚の許しをお願いするために、村へと向かった哲雄と歌仙。しかし、村の外の人間は「毒」とでもいうかのような扱いで監禁されてしまいます。

別れるように強制されるのですが、諦めない哲雄。洗脳されそうになっても自我を忘れずに耐え抜きました。

村人を利用して説得

鳥栖本家の人間はともかくとして、村人からしてみると歌仙は「オガミメさま」という高貴な身分の人物です。哲雄はこれを利用しました。

結婚させるしかなくなった鳥栖本家ですが、哲雄たちに条件をつけました。

  • 婿養子になること
  • 娘も含めて将来的には村に住むこと
  • 社会的に悪い意味で目立つことがあれば離婚すること
  • 経典の唱え・教養とともに生活すること

この条件を飲んで、彼らは結婚したのです。だからこそ哲雄は離婚届を持って、村に向かっているわけです。

安元刑事の訃報を知る

歌仙との馴れ初めや村のことを零花に説明。「それ、ほんとの話?」と疑うのも無理はありません。

そして、延人の件(1巻を参照)を話そうとしたところ、ラジオのニュースで安元刑事がなくなったことを知りました。

さらに薬師寺も幇助で逮捕・買収されていたこともわかり、自分がいなくなれば家族を守ってくれる人がいなくなる。そして、また誰も信用できなくなるのでした。

歌仙の狙い

村に到着した二人は、白い着物に身を包んだ歌仙の状況を知り心配します。「交渉しに行く」と言っていた彼女ですが、明らかに異常な事態です。

歌仙は「大丈夫」と言っていますが…

彼女の狙いは先の短い両親がなくなれば経典では自分が一番になるので、その時に村の慣わしを無くして、三人でまた一緒に住むことです。

しかし、洋二に離婚届を発見されて「離婚しに来たんだろ?」と突きつけられるのですが…

鳥栖本家との戦いが始まる

半グレをうまく巻いたかと思いきや、今度は警察から疑われる。自首する決断がついたところで、頼りになっていた安元刑事は殺害。

鳥栖本家は零花と歌仙と取り戻すために動き、延人殺害の事実を知った窪は、哲雄を追う。

一難去ってまた一難ではなく、いくつもの「難」が襲ってきます。

ここからは鳥栖本家との戦いになりそうですが、半グレからも追われている身。結末が読めなくなってきたマイホームヒーロー11巻でした。

マイホームヒーロー11巻を試し読みする?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です