深いテーマを読者に与えてくれる「寄生獣」を紹介【完結済み】

投稿者: | 2021年1月27日
寄生獣

多くの人に読んでほしいと思える漫画の一つ。それは寄生獣です。

初めて読んだときは、いわゆるグロ漫画だと感じました。でも何か心惹かれるものがあり読んでいた記憶があります。大人になってもう一度読んでみると、感じ方も変わってくるもので、「人間とは何か」を考えさせられました。

まだ寄生獣を読んでいない方、昔に読んだことがある方に再読して欲しい漫画「寄生獣」を紹介させてください。

寄生生物が人間を喰らう漫画

地球に降り注いだ寄生生物は、人間だけではなくあらゆる生き物に寄生。取り憑かれてしまった生き物は「同種族を喰らい尽くす生物」になってしまう。

つまり、人間に寄生すると、「人間を喰らう生物」になります。

寄生獣の世界は、たくさんの人間が食われてしまう世界です。主人公の泉新一も寄生生物に乗っ取られそうになり、間一髪のところで脳への寄生を免れますが、右手に取り憑かれてしまいます。右手だけが自分の意思とは別の意思を持つようになり、変形したり、話したりも。

共生していかなければ生きていくことのできない寄生生物。右手に寄生したことからミギーと名付けられ、新一とミギーの共同生活がスタート。

世界は寄生生物の影響でパニック、そして、彼らの前には人間に取り付いた寄生生物が接近してきます。

不思議と可愛さが溢れる寄生生物ミギー

ミギー
寄生獣/ミギー/ソフビフィギュア

普通に見たら気持ち悪いはずの寄生生物ミギーは、頭は非常に良くて、論理的な思考をします。時には冷酷なことも言うのですが、不思議と可愛く見えてきます。

アニメ版ではどうなるかと思ったら、可愛い声で「あら、かわいい」と誰もが思うキャラクターになっていました。

ラストの方では「ミギー!!!」と親しみを込めて呼べるほどに愛着の湧くキャラクターです。

寄生獣に登場する寄生生物は、なんだか感情に乏しくてロボットみたいで、ミギーも例外なく感情に乏しいです。そこが不気味でもあり、寄生されてしまった人間もほとんどは無表情ですが、ミギーは可愛いです。

寄生された人間と戦っていく泉新一

寄生獣は寄生された人間と戦っていく「バトル漫画」でもあります。

新一は右手だけが寄生されているレアなパターンなので、勉強熱心で頭のいい寄生生物たちは興味を示します。彼らしか感じない電波ののようなものがあり、近くに寄生生物がいると感じるのだそうで、接近してきます。

新一は自分自身の意思もあり、ミギーにも意思があります。これによって、攻撃パターンがあまり読めないそうで、新一とミギーは協力して戦うこともあります。

寄生生物は体の一部を硬化して攻撃

寄生生物は体の一部を硬化して刃物状にして攻撃します。切れ味は相当鋭いようで、人間はすぐに真っ二つ。恐いですね。

学校で大量に生徒を殺すシーンがあって、かなりショッキングです。グロが苦手の人は注意!でしょうか。

強い寄生生物も登場する

バトル漫画ということは、登場する敵は強くなっていきます。最後の方は絶望的で、「こんなのに勝てるはずがない」と思うはず。

でも、誰もが涙をすることになるシーンもあります。

寄生獣の最重要人物・田宮良子

寄生獣において田宮良子はとても重要な人物です。

寄生生物同士は惹かれ合うので、新一の周りに近づいてきます。でも、彼は完全には寄生されておらず、かなりの変わり種の人間。勉強熱心な寄生生物なので、彼に興味を示さないわけもないのですが、その中でも田宮良子は特殊です。

自分たちはなぜ生まれてきたのか、人間と何が違うのか、人間とはなんなのか。

彼女の興味は尽きません。誰しもが「自分はなぜ生まれてきたのか」と一度は考えたことのあるテーマ。彼女は僕らに何度も問いかけてきます。

人間とはなんなのか?を考えさせる漫画

僕たち人間は、普段の生活では意識しなくなっていること。それは弱いものを食べて生きているということです。寄生生物は人間を食べます。もちろん人間たちは抵抗しますし、自分たちを守ろうとします。いわば、彼らは敵でもあり、悪魔のような存在でもあります。

普段から僕たちが食べている動物たちも、人間に対して同じことを思っているのかもしれません。だからこそ、ミギーが言ったとても重い言葉が胸に刺さります。

シンイチ…『悪魔』というのを本で調べたが…いちばんそれに近い生物はやはり人間だと思うぞ…

ミギーたち寄生生物は物事を合理的・論理的に考えるので、人間側の立場になって意見を述べることはありません。動物や人間などの生物を一括りとして考えると、人間は悪魔と言えます。

恋愛模様もちょっぴりあります

新一はもともと、ごく普通の高校生でした。そんな彼のことを好きな同級生・村野里美もいて、ちょっぴり恋愛要素もある漫画ですが、ミギーに寄生されてから様子が変わってくる新一。彼女は新一に対して不安を抱くようになります。

ミギーのことを隠しているからという理由もありますが、とある事件によって新一に変化が。

「君、新一くんだよね?」

この一言と彼女の悲しい表情は胸に沁みるものがありました。

「寄生獣とは何か」を考えよう

グロい描写も多く、シリアスな展開も続くため苦手な人が多いのはわかります。小さな頃に読んで、トラウマになっている人もいるかもしれません(笑)でも、もう一度読んで欲しいです。この漫画のメインはそこではありませんし、戦っていくところでもないと僕は思います。

僕たちが普段、何気なく気にしていること、特に目を伏せたくなるようなこと、考えないようにしていたこと。もっともっと深いテーマを考えていくのが寄生獣なのではないかと思っています。これは、時代が変わろうとも変わらない寄生獣という漫画の本質でしょう。

永遠の名作となる寄生獣。読んだことのない方も、すでに読んだことのある方も再び手に取ってお読みください。

アニメ版も配信されています。切なさもあり、シリアスさは漫画を踏襲しています。黒い表現は抑えられているので、苦手な人でも大丈夫、のはずです(笑)

アニメ『寄生獣 セイの格率』公式サイト

2014年10月より日本テレビほかにて放送、アニメ『寄生獣 セイの格率』公式サイトです。

www.vap.co.jp

hulu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です