中年男性に読んでほしい「結婚アフロ田中」2巻を紹介【ネタバレあり】

投稿者: | 2021年3月20日
結婚アフロ田中2

結婚アフロ田中になってから、ちょっとずつ家庭持ちだからこそのネタが増えてきました。2巻にもありますが、珍しく西田さんの「いいシーン」がありました。

漫画で見た方が何倍も面白いのですが、結婚アフロ田中の2巻も簡単なあらすじとともに紹介して行きます。

大人になってからのプールは「いいお店」

結婚して所帯持ちもいるのに、高校生の頃のメンバーだけでプールへ。大人になってからは、あまり行くこともないプールですが、見方によっては素敵な場所になります。

プール

「こんないい店あるか!?」という、アフロ田中シリーズだからこその的確な表現が大好きです(笑)

浮気されて病んでいる岡本

前巻で彼女に浮気され、別れて病んでいる岡本が嫌なことを言ってきます。

  • メスの卵は一つだ。メスは選り好みをする
  • 乱婚型で乱行型の人間ども
  • 尖ったオスと交尾する理由はない

しまいには、井上にできた3人目の子供を、「本当にお前の子供なのか?」とまで。

病んでいるとはいえ、なかなかにキツイ言葉を吐く岡本。でも、彼らは優しいので文句も言いません。別れた原因が彼女の浮気でもありますし。

やさぐれている岡本は、高校生の頃からキャラがすごいです。「女なんてなあ」の気持ちが溢れ出ています(笑)

でも、プールでのちょっとした事件で「彼女が欲しい」に戻ります。この漫画、ずっと前からそればっかですね。そこが好きです!

蒸れないパンツを開発する田中

夏はパンツの中が蒸れます。男なら誰もがわかるはずです。そこで、田中は休日を使って男のためのスカートを作りますが、失敗してパンツ作りに精を出します。

パンツ

失敗を繰り返しては作り直す田中。周りから批判されても作り続けます。

男の大事なモノですが、大事なものって体の内部にありますよね?なのに外部に出ているのは、どうやら「精子は熱に弱いから」なんだそうです。

本当かどうかは知りませんが、妙にためになる回でした。思い切りアホな回ではありましけど。

アメリカから帰ってきた大沢

アメリカから帰ってきた大沢。ロサンゼルスでオープンしたラーメン屋はうまくいかず、残ったのは約500万の借金のみ。

でも彼は前向きです。「それだけの借金をできるほど、信用のある男」だと自分を誇りに思っているようです。

上京アフロ田中の頃は、インスタントラーメンを茹でるだけのラーメン屋をやっていた彼ですが、なんともまあ。前向きさは見習いたいですね。

丸々1話を使って帰国

大沢が帰ってくる話は、丸々1話を割いていました。この話は最高にくだらなくて、最高に面白かったです。ピタゴラスイッチ的な要素もあったり、アレが冒険するとは。

最後に大沢の登場で、そのための話だったのだと考えると、非常に面白いです。

結婚してからもギャグ漫画です

2巻の印象に残ったエピソードを簡単に紹介してみました。このほか、村田に子供が誕生し、西田さんは46歳の誕生日を迎えます。

独身中年の哀愁が漂う西田さんは、定期的に変なことを始めます。酒をやめ、無添加の弁当を作り、読書も初めてパワースポットも巡ったり。そして、「とにかく彼女が欲しい!」と荒れます。

そして、連絡の途絶えていた看護師さん。ザオラルをかけていたのですが、割と感動するシーンがありました。

恋愛がらみのネタは田中シリーズでは定番ですが、結婚アフロになってからは、家庭系のネタも増えてきましたね。家庭持ちの男性なら、共感できる部分もたくさんあるはずです。

結婚してからも、しっかりとギャグ漫画している田中。笑いたい方に読んでほしいなあと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です