新しい格闘技・ストリートファイト漫画「ホーリーランド」を紹介【完結済み】

投稿者: | 2021年1月20日
ホーリーランド

最強の格闘技は何か。ボクシングでしょうか、空手でしょうか。名前を見る限りでは、総合格闘技が一番強そうではあります。でも実際にはわかりませんね。

もしかしたら、不良が集まっているような街の裏では、ボクサーと空手家が「強いのは俺だ」なんて最強位を決めていたりするのでしょうか?そんなストリートファイトを想像したことのある人なら、ホーリーランドはハマるはずです。紹介させてください。

気弱な少年がストリートファイトで強くなっていく物語

ホーリーランドは、主人公・神代ユウがストリートファイトで不良たちを倒していく漫画です。表紙の通り、ヒョロくて弱そうな高校生なのですが、最初は本で読んだ程度のボクシング知識しかなかったのに、自宅で何度も練習。夜の街を歩き回ると絡んでくる不良もいて、練習の成果を試そうとすると成功。何名かに試しては倒していき、街には「不良狩りのボクサーがいる」と噂が流れるほどになります。

元ボクサーでもあり、不良たちからはカリスマ視される伊沢マサキに発見されるユウ。彼はここからどうなっていくのか。彼の成長を見ていく漫画でもあり、格闘技を知ることもできる漫画です。

技や防御方法などの解説が面白い

作者の森恒二氏の漫画には自殺島でもあったように、随所に解説が入ります。掌底や回し蹴り効果や方法など、きっと生きていく上では役に立たない知識なのですが、なんだかためになったような気がします(笑)これが面白いので「解説ファン」には歓喜です。

ボクシングがメインですが、戦う相手に合わせてスタイルを変えていきます。その際にも色々と解説がついて面白いです。

凄まじい努力家・神代ユウ

普通に考えてみるとわかることですが、独学で格闘技をやって強くなる人はあまりいません。主人公の神代ユウは、ボクシングの知識は全て本から得たものです。練習方法は書いてありますが、いつもシャドーボクシングするだけ。それなのに、経験者の伊沢からは「あのワンツーはやってるやつのモンだ」と評価されるレベルのパンチを繰り出します。もちろん、ガッツリとダメージを与えるパンチです。

元々の才能があったのかもしれませんが、だとしてもそこまで通用するパンチを打つためには、どれほどの努力が必要になるのでしょうか。毎日5千回。あなたは拳を振れますか?

現実から逃れるためのボクシング

ユウは見た目通りの性格です。大人しいですし、目立つこともありません。どちらかといえば暗い性格でもあり、学校ではいじめられていたようです。そこで行き着いたのがボクシングの本でした。

「痛くなく殴られる方法はないか」という程度で手にとっただけの本なのに、「殴ること」を覚えて拳を振り始めたのです。その間だけは、他のことを忘れられる。自殺すら考えた彼の精神状況を考えてみると、気持ちはわかりますね。

かといって、毎日5千回も振るのは努力家ではないと難しいですね。

自分を変えるために強くなる

拳を振っているだけではパワーはつかないのでしょう。筋トレを始めるユウ。学校でいじめっ子から殴られて、やり返してみたところ「変わるかもしれない」と何かをつかんだ彼。自分の拳に「生きる意味」を見出したのでしょうか。

ここから夜の街をぶらついて、不良たちと喧嘩することにつながっていきます。

敵とのストリートファイトで「強さ」を手に入れていく

ホーリーランドは不良たちとのストリートファイトがメインの漫画ですが、登場人物が「悪い人」というわけではありません。例えば、伊沢マサキだって不良です。

グループを作っているわけではないのですが、仲間がやられてしまえばやり返しそうなもの。でも、ユウに対してはそんなこともなく、むしろ「喧嘩の仕方」を教えてくれます。

喧嘩で柔道を使う岩戸も悪い人ではありません。おそらく、ユウは「悪い不良」から見てみると邪魔でしかない存在なのかもしれませんが、喧嘩を楽しんでいたり、「俺が一番強い」と自負しているタイプの不良からは、「一度は闘ってみたい」と思われるのではないでしょうか。だからこそ負けた時は気持ちのいい顔をしていますし、納得もしているように見えます。

そして、彼らと戦うことで学ぶこともたくさんあるのでしょう。ユウはもっともっと強くなっていきます。

プライドと友情との葛藤

闘ってきた相手と仲良くなる。これは漫画だとよくあることですね。ホーリーランドも例外はありません。ユウにとって大事な友達もできます。

でも、相手は一度、ユウに負けたことがあっても「俺が一番強い」という考え方は変わりません。仲良くはしますが、ライバルであることには変わりないのです。悟空とベジータではありませんが、友情との葛藤が見えるシーンもあります。

それでもユウはもっと強くなるために前進していきます。結末はどうなるのか。その目で確かめてください。

新しい格闘技漫画の代表を楽しみましょう

ホーリーランドはそこそこ古い漫画なのですが、今でも古さは感じません。テーマがテーマですし、そもそも今までにないジャンルですからね。

「ストリートファイトの漫画」でメインはボクシングですが、空手から柔道、剣道を相手に戦うこともありますし。今までにそんな漫画はあったのかな?と疑問に感じるぐらいですから。

刃物などの武器を持っている相手への対処方法から、カウンターや蹴りを教わったり。もちろん解説付きなので、これから強くなりたい人にもオススメです(笑)それは冗談だとして、もしもユウと同じようにいじめにあっていたり、生きる気力を失っている人が、何か一つのことに集中して没頭するのもいいのかもしれません。漫画を見て真似してシャドーボクシングをする。嫌なことは忘れられますし、強くなれたら一石二鳥です。

間違っても人を殴るような真似だけはしないで、ホーリーランドを読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です