感動の最終巻!「BLUE GIANT SUPREME」11巻を紹介【ネタバレあり】

投稿者: | 2021年4月1日
BLUE GIANT SUPREME

ヨーロッパ最大級のロックフェスで、見事に成功したNo.5。そして、大の著しい成長にメンバーは…

「BLUE GIANT SUPREME」ついに最終巻です!

なお、10巻はこちらで紹介しています。

BLUE GIANT SUPREME11巻のあらすじ

11巻のあらすじをまとめると、こうなります。

  • 解散の方向へ向かうNo.5
  • ノースシージャズフェスティバルへ
  • 最後のライブ

簡単に紹介していきましょう。

バンド解散へと向かうNo.5

ノースシージャズフェスティバルへの出演決定。

最大級のステージに立つことが決定したメンバー。嬉しいのは山々ですが、大の様子が変です。彼は「新しい世界を見たい」という理由で、解散したいと考えていたのです。

メンバーは解散に反対

メンバーで集まって、歩きながら話します。そして大は「解散したい」と正直に告げました。

ある程度は分かっていたメンバー。大は一人だけ飛び抜けているジャズプレーヤーだったから、「仕方がない」と納得するハンナ。

ブルーノはシンプルに反対し、ラファエルも反対します。なにせ、ノースシージャズフェスに出演まで決まっていますし、バンドは順調そのものだからです。

ノースシーで勝てば解散

大はみんなのプレーが大好きなのですが、それ以上に自分のプレーが好きなのです。だから新しい場所で、新しい音に触れたいと。

彼は誰にも止められません。「ノースシーで勝つ」「ヨーロッパ1になる演奏をしたら解散」という結論で決定しました。彼ららしいです。

ノースシージャズフェスティバルへ

新人のバンドが大きなステージに立つのは異例なようで、運営の方で揉め事が。何やら人種差別っぽい発言もあったり。うまくまとめるためにアーサーウッドが動きます。

涙なしでは見られないライブ

彼らのノースシーでのライブは迫力がものすごいだけではなく、涙なしでは見られないものでした。解散をかけたライブ。大のプレーには鬼気迫るものがありました。

メンバーだけではなく、観客まで泣いてしまったライブが終了しました。

No.5最後のライブ会場へ

ガブに運転を頼んで、彼ら最後のライブ会場へ。そこは誰も行ったことのない場所。みんなで決めた場所です。

ライブを終えて、みんなで旅行へ。

ラファエルは「3人でNo.5を続けてもいいか?」と大に提案。そして、アーネストにメンバー打診をお願いします。「考えておく」と言ってくれた彼に感謝します。

ラストライブのメンバー紹介のシーンで、「BLUE GIANT SUPREME」は終了です。

宮本大の新しい旅が始まる

ついに終わってしまったブルージャイアント。すんごい楽しかったので残念だったんですけれど、しっかりと続いています。

大はヨーロッパで止まる人物ではありません。新しい場所で、新しい音を探す。彼らしい旅が始まります。

ノースシーのフェスのシーンは、最高に感動しました!ここまで感動させる音楽漫画って、過去にありましたか?

まだ読んだことのない方は、是非とも最初から読んで欲しいものです。

BLUE GIANT SUPREMEを試し読みする?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です