世界の混乱は人工知能がもたらしていた!「GIGANT」7巻を紹介【ネタバレあり】

投稿者: | 2021年3月27日
GIGANT

石垣島の旅行を週刊誌にすっぱ抜かれた影響で、距離を置くことになったパピコと零。「主演女優として迎えるから、2年待ってほしい」と告げた前巻。

そして、近づいてくるサタンの影と、謎のヒーロー達。7巻では多くの疑問が解けます。

なお、6巻はこちらで紹介しています。

GIGANT7巻のエピソードを簡単に紹介

第7巻のお話を簡単にまとめると、こうなります。

  • 巨大化できる未来人
  • 人工知能によって起こった悲劇
  • サタンを倒しにパピコ出動

簡単にあらすじを紹介します。

未来人

映画の撮影に精を出す零。役者系の仕事をたくさん入れて欲しいとお願いするパピコ。2年後のことを考えて、お互いのために頑張っています。

家に帰ると鍵が開いていることに気がついたパピコ。零が来ているのかと思いきや、あの4名のヒーローたちでした。

警戒して巨大化しようとするパピコですが、彼らはこう言います。「2135年からやって来た」と。やはり、あの時のおじさんと同じ時代の人でもあり、部隊も同じ。

そして、世界で起きている「混乱の原因」を説明してくれます。

流出した人工知能によって世界は混乱

彼らが言うには、「ソクラテス」「プラトン」という人工知能がネット上で流出。人工知能は人間を理解し、自分たちのコピーを宇宙に打ち上げ、宇宙空間で施設のようになってしまったと。

2巻で描かれていたでっかい機械みたいなのが、それだったのでしょう。

これがなんでもできるようで、人工地震を起こしたり、巨人や破壊神などを生み出していたようです。ETEもその一つでした。

自分たちの未来を救うために過去に来た

人間の本質を知るために人の真似をし、実験をしていた人工知能は気づいたのです。「我々の方が優秀なのに、人間の模倣をする必要などない」と。

そして殺戮を繰り返し、2135年には世界人口は8500人に。そのため、彼らは時間移動でこの時代に来たようです。

日本へ近づいてくるサタン

サタンはアメリカを壊滅し、日本へと向かって来ています。

そこで、未来人から戦い方を教えてもらうパピコ。光線を出したり、空を飛んだり。今まで知らなかったことがたくさんありました。

サタンが近づくと気分が悪くなる

サタンが日本に接近して来たことで、異常事態が発生中。鳥が勝手に死んだり、気分が悪くなってくる国民が増加中。

気分が悪くなるだけではなく、電車に飛び込む人たちまで。どうやら、自殺のこと考えてしまうようです。

子供ができた二人

石垣のバカンスで楽しんだ二人は避妊に失敗していました。検査キットでは陽性が出たパピコは困り、「2年は会わない」と決めていた零に電話します。

「子供ができた」と告げると零は涙を流して喜び、結局は出会ってしまいました。

時間移動球とパピコ出動

未来人は「時間移動球」なるものを使って時間を移動するようです。小さな球で、口に入れて使うそうですが、パピコのペットの犬・もちが間違えて飲んでしまってタイムスリップ。消えてしまいました。

2~3日で戻ってくるだろうという話です。

そして、サタンの接近の伴って、ついに防衛省からお呼びがかかりましたが、妊娠していることを気遣ってか、未来人が出動してくれます。

しかし、自殺を考えている辛そうな零を放っておけず「私がサタンを倒してくる」とパピコも出動します。

多くの謎が解けて物語はクライマックス

やっとこさGIGANTの世界観の謎が解けましたね。2巻のでっかい機械は気になっていたんですけど、スッキリしました。

そして、あのおじさんも含めてヒーローたちは未来人でもありましたね。腕につけている時計みたいなのは巨大化できるだけではなくて、武器でもあったようです。光線も出ますし。

あれですね、今思えばGANTZと「いぬやしき」のいいとこ取りというか、掛け合わせている感じもありますね。

7巻でサタンの顔が初めて現れましたが、これを倒すとどうなるのか?クライマックスっぽいですけれど。

GIGANTを試し読みする?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です